http://www.advance-egypt.com/index.php/services-construction
ウィーウィル(WEWILL)の2018年秋冬コレクションが、「Amazon Fashion Week TOKYO 2018 A/W」最終日の2018年3月24日(土)に発表された。会場は東京・渋谷のクラブコンタクト(contact)。雑多に貼られたブランドのロゴ入りテープがランウェイを記していて、そのほかはいつもと変わらない雰囲気。そこに流れるダンサブルな音楽が、会場の空気を温める。フォーマルに感じる日常的一面手に届くくらいの距離で颯爽と歩くモデルたちは、ストリート感を含ませたクラシカルなスタイル。フォーマルな中にリアルな一面が感じられる。ツイードジャケットは決して堅苦しいものでなく、肩が落ちるくらいのオーバーサイズ。光を反射するほど艶やかで上質なウールのコートも同じシルエットを築き、クロップド丈のワイドテーパードパンツと好相性をみせる。ウィーウィルの考える垣根のない服中盤になると、奇抜な髪型のモデルたちが登場するが、彼らこそクラシカルなグレンチェックのアウターやセットアップを着こなしている。ゆるいガウンや身体をすっぽり覆うアウターによって、男性らしさはかき消されジェンダーレスという表現が浮き彫りになる。さらに加速する“リアル”と“ボーダレス”の表現また少し洋服のテンポが変わると、今度はデニムパンツやボンバージャケットの登場だ。極めて男性的であるはずのMA-1は、サイドスリット入りのバックロング。端正なステンカラーコートには後ろ中心にインバーテッドプリーツを配して、フェミニンなAラインへと転換した。小物はサコッシュやバックパック、ごくオーソドックスなスニーカー。それら小物のスタイリングは、なんだかリアルな日常を見ているようだ。ランウェイを通して福薗英貴が伝えたかったこととは――デザイナーの福薗英貴は、ランウェイの最後に「今季はイギリスのマスキュリンとフランスのフェミニンな要素を組み合わせた」と語っていた。また、「性別も人種も関係ない、だれが着ても似合う服を提案したい」とも。シミやキズのある壁、地下独特のにおい……日常が染み込んだこのクラブという会場で、クラシカルなものも、マスキュリンなものも、フェミニンなものも、それからモダンなものも全てが一緒になったコレクションが、とても身近に感じられた。