楽天コピーブランド通販店舗コピー商品送料無料

楽天コピーブランド通販店舗コピー商品送料無料,スーパーコピー時計専門店,ブランドコピー財布,ブランドコピーバッグ,高品質激安スーパーコピーバッグ新作2018代引き品を低価でお客様に提供しております,ブランドコピー指輪,ブランドコピー靴信用通販優良店

2018年06月

http://www.davidwalshonline.com/
ラコステ(LACOSTE)が、フランス・パリでメンズ・ウィメンズの2018-19年秋冬コレクションを発表した。パリ・ファッション・ウィーク3日目の2018年2月28日(水)のことである。今シーズンは、ブランドの創業者ルネ・ラコステにまるわる一つのエピソードから始まった。第二次世界大戦初期多くの人が強制労働を強いられるなか、ルネ・ラコステと妻のシモーヌは、地元の人々を集め、ファミリーゴルフコースの設計を計画。当時農林従事者は徴兵制から守られていたため、このルネの試みは多くの労働者たちの安全を確保したといわれてている。共感、親切、希望を示したこのエピソードを起点に、今季はクリエーションを進めた。会場は、大きな1本の木を囲むように芝が広がっていて、ゴルフコースさながらの開放的なムード。モデルたちは、ゴルフを楽しむ人々のように芝の周りをくるくると回ってキャットウォークする。歩みを進めると、マキシ丈のフード付きレインコートやハンティングポンチョは帆をはるように裾を大きく広げてみせ、サイドにスリットを入れたタートルニット、バックスタイルにもう一枚ニットをかませたトップス、アシンメトリーにカッティングされたスカートなどは風をきるように動きまわる。ルネ・ラコステらのゴルフ場製作の思い出は、プリントやモチーフになって綴られる。フーディコートの上にプリントされたのは、ゴルフコースやクラブハウスなどを捉えたフォト。ニットの上にのっているのは、スイングするゴルフ選手の姿だ。足元はラバーブーツが多用されていて、植木職人たちの姿を想起させる。ブランドのアイコンであるワニのワッペン付きポロシャツは、ストリートテイストにアレンジ。生地をスウェット地にして、裾をアシンメトリーにカットアウトし、遊び心あふれるピースへ昇華させている。

http://www.advance-egypt.com/index.php/services-construction
ウィーウィル(WEWILL)の2018年秋冬コレクションが、「Amazon Fashion Week TOKYO 2018 A/W」最終日の2018年3月24日(土)に発表された。会場は東京・渋谷のクラブコンタクト(contact)。雑多に貼られたブランドのロゴ入りテープがランウェイを記していて、そのほかはいつもと変わらない雰囲気。そこに流れるダンサブルな音楽が、会場の空気を温める。フォーマルに感じる日常的一面手に届くくらいの距離で颯爽と歩くモデルたちは、ストリート感を含ませたクラシカルなスタイル。フォーマルな中にリアルな一面が感じられる。ツイードジャケットは決して堅苦しいものでなく、肩が落ちるくらいのオーバーサイズ。光を反射するほど艶やかで上質なウールのコートも同じシルエットを築き、クロップド丈のワイドテーパードパンツと好相性をみせる。ウィーウィルの考える垣根のない服中盤になると、奇抜な髪型のモデルたちが登場するが、彼らこそクラシカルなグレンチェックのアウターやセットアップを着こなしている。ゆるいガウンや身体をすっぽり覆うアウターによって、男性らしさはかき消されジェンダーレスという表現が浮き彫りになる。さらに加速する“リアル”と“ボーダレス”の表現また少し洋服のテンポが変わると、今度はデニムパンツやボンバージャケットの登場だ。極めて男性的であるはずのMA-1は、サイドスリット入りのバックロング。端正なステンカラーコートには後ろ中心にインバーテッドプリーツを配して、フェミニンなAラインへと転換した。小物はサコッシュやバックパック、ごくオーソドックスなスニーカー。それら小物のスタイリングは、なんだかリアルな日常を見ているようだ。ランウェイを通して福薗英貴が伝えたかったこととは――デザイナーの福薗英貴は、ランウェイの最後に「今季はイギリスのマスキュリンとフランスのフェミニンな要素を組み合わせた」と語っていた。また、「性別も人種も関係ない、だれが着ても似合う服を提案したい」とも。シミやキズのある壁、地下独特のにおい……日常が染み込んだこのクラブという会場で、クラシカルなものも、マスキュリンなものも、フェミニンなものも、それからモダンなものも全てが一緒になったコレクションが、とても身近に感じられた。

http://liderbest.com/4001.html
フィロソフィ ディ ロレンツォ セラフィニ(PHILOSOPHY di Lorenzo Serafini)の2018-19年秋冬ウィメンズコレクションが、イタリア・ミラノで発表された。今シーズンは、ブランドの得意とするロマンティックなテイストが存分に発揮された。細部まで手の込んだ夢のような可愛らしさのクリエーションからは、どことなくノーブルな余裕が感じられる。ブラウンとキャメルがカラーパレットの中心となった序盤は、パンツルックが目立ち活動的な印象を受ける。首元にあしらわれた薔薇のコサージュやリボン、フリルといった甘ったるいディテールを、レザーやデニムといったマテリアルが引き締める。中盤は少し肩の力の抜けた、リラクシングな雰囲気に変化する。ゆったりとしたフレアなミニドレスからは伸びやかに足が投げ出され、素足にはウォーカブルなフラットブーツが組み合わされている。終盤に近づくにつれ、甘さは力を増して行く。チュールのマテリアルが華を添え、カラーパレットはピンクが主権を握る。過剰なマルムークスリーブにバルーンスカート、リュクスなベロア。デカダンスさえ感じられる甘く贅沢なドレスとともにショーは幕を閉じた。

http://liderbest.com/blogosfera
Page: 12©クリエイターズ・ファイル全国で22万人を動員した、ロバート秋山が様々なクリエイターに扮する人気企画「クリエイターズ・ファイル」の展覧会が、再び東京で開催決定。「東京クリエイターズ・ファイル祭 完全版 –全国巡回ゴール!感謝感謝のおかわり大作戦!-版」として、2018年3月2日(金)から4月2日(月)まで、池袋のパルコミュージアムにて開催される。東京、大阪、名古屋、福岡、仙台、札幌と、全国各地で開催され好評を博した「クリエイターズ・ファイル」展。そのフィナーレとして開催される本展は、これまでのクリエイターズ・ファイル祭の内容をベースに、新たに加わったクリエイターの展示などを加えてアップデートした“完全版”として凱旋する。「クリエイターズ・ファイル」とは©クリエイターズ・ファイル「クリエイターズ・ファイル」とはロバート秋山が現代を代表するクリエイターに扮し、それぞれのフィールドでの仕事ぶりや人生について語るシリーズ。ハイブリッド型書店サービスhontoが毎月第1木曜日に発行しているオフィシャルマガジンにて、2015年4月から連載およびYouTubeでの動画公開をスタートした。これまでデザイナーのYOKO FUCHIGAMIや天才子役・上杉みちくん、クリエイティブ・ディレクターの近松マサヲミ、プロスカウトマン・荒井裕次郎など、26名のクリエイターが登場。誰の真似をするでもなく“こんな人いる!”という秋山による完全再現は、なぜか病みつきになる魅力がある。そんな「クリエイターズ・ファイル」に焦点を当てた本展は、各クリエーターを、様々な角度や展示内容、ここでしか体験出来ないアミューズメント性たっぷりのサプライズと共に楽しむ展覧会となっている。クリエイターズ・ファイル統括チェアマン・館長「岡添金太郎」が池袋・パルコに - 胸に秘めた想いを語る「東京クリエイターズ・ファイル祭 完全版 –全国巡回ゴール!感謝感謝のおかわり大作戦!-版」の開催に向けて、ロバート秋山扮する、クリエイターズ・ファイル統括チェアマン・館長「岡添金太郎」が池袋のパルコミュージアムに登場。数々の新作を用意した本展について、「500円でこんなコスパの展示会はあるものか。他の展示会が高く感じるだろう」と、出来栄えを自信たっぷりに語った。また、自称"81か82歳"の「岡添金太郎」は、「若いころにホワイトボードが上から落ちてきて、身体が真っ二つに割れてしまった。その際、父が背中にアロンアルフアをつけて治してくれたが、まさかこんなに素敵な展示会を迎えられる日が来るとは思わなかった」と、半生を振り返りながら、本展に対する熱い想いを打ち明けている。展示内容「岡添金太郎」お墨付きの会場には、目玉にもなる展覧会の為に撮り下ろされた新作ショートムービーを上映する“クリエイティブ・シネマズ”をはじめ、クリエイターのポートレートや彼らが使っていたクリエイティブ・ツールの実物展示、クリエイター達と遊べる“アミューズメント型展示”など、クリエイティブでサプライズに満ちた展示が広がる。「クリエイティブ・シネマズ」独占上映会場内にあるミニシアター「クリエイティブ・シネマズ」では、ここでしか観られない下記新作4作品を独占上映。・YOKO FUCHIGAMI主演:ドキュメンタリー『YOKO FUCHIGAMI THE MOVIE ~ROOTS OF YOKO~・上杉みち主演:『九官鳥リリーの倦怠期』・桐乃祐主演:『尋常じゃない⁉︎ 恋は?シタクナイ2』・パール川辺監修:異色ラブストーリー『Partition LOVE~叶わぬ恋の物語~』クリエイターズ「フォト&ツール」コレクションレジェンドクリエイターから、最新号で紹介されたクリエイターまで総勢39名のポートレートを多数展示。会場の入口付近には、YOKO FUCHIGAMIのコレクションラインが広がる。漁師にもらった、魚付き"網"で出来たワンピースや、小腹がすいた際に、ポケットに装着した野菜が食べられる「バーニャカウダTシャツ」、下着を縫い付けた「パンツTシャツ」など、個性あふれるラインナップだ。さらに奥に進むと、YOKO FUCHIGAMIの未発表のセカンドブランドの展示や、プロスカウトマン荒井裕二郎がこれまでスカウトした人やモノ、メディカル・チームドクターの横田涼一が実際に施したテーピングなど、盛り沢山の内容を楽しむことが出来る。フォトスポットなど遊べる“アミューズメント型展示12

https://www.us-cargo.com/pittsburgh-delivery-services/
スペイン・バルセロナ発祥のアート・キャンディ・ショップ「パパブブレ(papabubble)」から、お花見シーンをモチーフにしたキャンディセット「桜ミックス」が2018年3月1日(木)より期間限定で発売される。詰め合わせたキャンディの柄は、桜や鳥に加え、2018年の新作としてお花見をイメージした団子や、徳利とお猪口など。それらにさくらんぼや佐藤錦、桃といったフレーバーを合わせた。

ラベルは、画家・小井土尚子の日本画を採用。飴を何層にも重ねて作るのと同じように、絵具を薄く重ねてオリジナルの色彩を生み出す日本画の特徴を活かし、桜の繊細さや柔らかさをラベルで表現した。このキャンディセットは、パパブブレの全直営店で、各地の桜の開花状況にあわせて4月の桜が美しい時期まで楽しむことができる。

【詳細】
桜ミックス
発売日:2018年3月1日(木) ※各地域の桜の開花状況により4月初旬~下旬まで販売。
店舗:パパブブレ全直営店
価格:バッグ 580円、JAR(S) 800円、JAR(M) 2,300円 ※全て税込み。
フレーバー:洋梨(鳥)、りんご(枕型)、さくらんぼ(桜1)、佐藤錦(桜2)、桃(団子)、オレンジ(お酒)

↑このページのトップヘ